バスガイドの世界



<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧


<地震>沖縄で震度5弱=午前5時31分(毎日新聞)

 27日午前5時31分ごろ、沖縄本島近海を震源とする地震があり、沖縄県糸満市で震度5弱を観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.9と推定される。気象庁は同5時33分、沖縄本島地方に津波警報、鹿児島県・奄美諸島とトカラ列島などに津波注意報を出した。警報は約1時間後に注意報に切り替えられた。主な各地の震度は次の通り。【福永方人】

 震度4=那覇市、沖縄県名護市、宜野湾市、浦添市、豊見城市、南城市、うるま市、国頭村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、読谷村、北谷町、北中城村、中城村、西原町、与那原町、南風原町、座間味村、北大東村、鹿児島県与論町

 震度3=沖縄県金武町、伊江村、粟国村、伊平屋村、伊是名村、嘉手納町、渡名喜村、久米島町、南大東村、鹿児島県奄美市、瀬戸内町、喜界町、徳之島町、天城町、伊仙町、和泊町、知名町

【関連ニュース】
【各地の震度など詳しい状況】

小沢環境相 温室効果ガス削減の行程表に「エネルギー基本計画」を反映 (産経新聞)
<駅伝大会>走りでブルンジ難民支援 瀬古、有森さんら快走(毎日新聞)
<鳩山首相>高知県を視察…3度目の地方行脚(毎日新聞)
玩具映画後世に 戦前の名作 よみがえるチャンバラ(産経新聞)
神戸高専で生徒飛び降り、自殺か 期末試験の答案返却日(産経新聞)
[PR]
by iyf4sabzlo | 2010-02-28 19:17

自民が教員の政治活動規制法案を提出へ 北教組の違法献金事件受け(産経新聞)

 自民党文部科学部会(義家弘介部会長)は23日ので会合で、北海道教職員組合による小林千代美民主党衆院議員側への違法献金事件を受けて、教員の政治活動に国家公務員と同様の罰則を付す教育公務員特例法改正案を今国会に提出する方針を決めた。

 教職員組合に収支報告の公開を義務付ける地方公務員法改正を検討することも確認した。

【関連記事】
北教組の深い闇 学校を支配する諸悪の根源「46協定」とは
原資の一部は主任手当か 北教組、30年で55億円プール 違法献金
北教組事件で自民・義家議員らが現地調査「偏向教育のため議席買う」
首相、労組との関係「応援は感謝するが…」
輿石氏、北教組事件の参院選への影響「まあ、ないでしょう」

【書評】『たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く』(産経新聞)
住基ネット活用も検討を=共通番号制度で−総務相(時事通信)
中型犬が校庭侵入 児童5人かまれけが(産経新聞)
長妻氏は安全派、原口氏は積極派…年金運用で対立(読売新聞)
北陸大教授の解雇無効=学部再編で授業廃止−金沢地裁(時事通信)
[PR]
by iyf4sabzlo | 2010-02-26 19:11

30府県がプラス予算=経済対策を積極計上−時事通信集計(時事通信)

 21日に知事選があった長崎を除く46都道府県の2010年度一般会計当初予算案が23日、出そろった。時事通信社の集計によると、知事選を控えて骨格予算を組んだ石川、京都を除く44都道府県の一般会計予算総額は、前年度当初比(前年度に骨格予算だった団体は肉付け補正後比)1.9%増の47兆3474億円。不況で税収が落ち込む中、多くの団体が臨時財政対策債(赤字地方債)の増発などで財源を賄い、経済対策関連経費を積極計上。30府県が前年度を上回るプラス予算となった。 

【関連ニュース】
自民、勝算なき欠席戦術=強気の民主に懸念も
民主、議運筆頭理事に高木氏復帰=自民「見識疑う」と批判
知事選敗北、官邸に衝撃=参院選へ厳しさ増す
小沢氏の「けじめ」必要=証人喚問も応じるべき
小沢氏続投変えず=「国民理解へ努力必要」

北近畿豊岡道事故、車の会社員死亡 分離帯ない片側1車線(産経新聞)
【from Editor】「慣用」とどう向き合うか(産経新聞)
<暴行容疑>警視庁職員を逮捕 女児抱き上げ(毎日新聞)
【新・関西笑談】ワイナリーのジャンヌ・ダルク(4)(産経新聞)
大阪府立大の部室棟で火災=けが人はなし−府警(時事通信)
[PR]
by iyf4sabzlo | 2010-02-25 17:56

<職場の受動喫煙>「状況みて議論」長妻厚労相(毎日新聞)

 厚生労働省が検討している職場での受動喫煙防止策の義務化について、長妻昭厚労相は19日の閣議後会見で、公共的な空間での原則全面禁煙を求める通知を今月中に出すとしたうえで、「国内での喫煙行動がどういう状況になるのかを見ながら、議論を進めていく」と述べた。

 受動喫煙の防止は健康増進法で施設管理者の努力義務とされており、職場については厚労省の検討会が、労働安全衛生法の改正による義務化の方向を打ち出している。長妻厚労相は「まずは(通知を出した後の)現状把握が必要だ」として、法改正の時期は示さなかった。【清水健二】

【関連ニュース】
受動喫煙防止:分煙では不十分 「全面禁煙」厚労省通知へ
受動喫煙防止:飲食店なども原則全面禁煙 厚労省通知へ
社説:職場の喫煙対策 全面禁煙の道筋示せ
受動喫煙防止策:飲食店、遊技場、娯楽施設…公共の場、全面禁煙を 厚労省通知へ
受動喫煙防止策:全面禁煙、厚労省通知 分煙では不十分 法制化せず、世論に期待

ジャンプ葛西の地元・下川町、“五輪皆勤賞”表彰へ(スポーツ報知)
スーパー入り口に2乳児遺体=凍結状態、ポリ袋に−愛知(時事通信)
日薬が改定答申で見解(医療介護CBニュース)
党首討論 政治とカネ問題に終始、内容乏しく 民主政権初(毎日新聞)
<県民所得>全国平均305万9千円 格差は249万1千円(毎日新聞)
[PR]
by iyf4sabzlo | 2010-02-24 10:18

<マータイさん>東京で祝賀パーティー 旭日大綬章受章など(毎日新聞)

 MOTTAINAIキャンペーン名誉会長でノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイさん(69)の国連平和大使就任と旭日大綬章の受章を祝うパーティーが17日、東京都新宿区の京王プラザホテルで開かれた。

 パーティーには、ケニアのオディンガ首相や、在日アフリカ外交団副団長であるセネガルのサア駐日大使ら約150人が出席。毎日新聞社の朝比奈豊社長は「マータイさんは05年2月に東京編集局長との対談で『もったいない』という言葉に触れ、国際語として広めようとキャンペーンが始まった」とあいさつ。マータイさんは「『もったいない』という言葉で、かけがえのない地球を次世代に引き継ぐ運動を世界に伝えたい」と話した。

 一方、マータイさんは同日、天皇、皇后両陛下と皇居・御所で懇談した。両陛下がマータイさんと会うのは初めてで、懇談は約1時間に及んだという。

日医会長選、原中氏選対本部が公開討論会を提案(医療介護CBニュース)
鴻巣市移動支局 開設 「びっくりひな祭り」に合わせ(毎日新聞)
女性メタボ、腹囲80センチ? =診断基準の見直しも−3万人超解析・厚労省研究班(時事通信)
石川議員の離党を了承=民主、処分せず(時事通信)
前福岡副知事、ホステスへのプレゼント要求(読売新聞)
[PR]
by iyf4sabzlo | 2010-02-23 05:46

<伊丹空港>「存続協定」見直し必要…橋下知事が発言(毎日新聞)

 大阪府の橋下徹知事は16日、大阪(伊丹)空港の廃港論を巡り、地元11市でつくる協議会が90年に国と結んだ空港の「存続協定」について、記者団に「古くなってくれば変えることを政治家はやらないといけない」と語り、見直しが必要との認識を示した。だが、この協定の取り扱いについては、議会での説明など事実上の地元同意が必要とされる。周辺自治体には存続論が強く、協定への認識の違いが新たな火種になる可能性が出てきた。

 橋下知事は関西3空港の運営見直しに関し、「協定があるから空港問題は動かせないということではない」と述べた。また、「伊丹存廃は(知事など)広域で票を受けた政治家が判断すべきだ。(市長や市議など)地元の政治家は判断できない」とも発言した。

 協定は関西国際空港開港後も伊丹を残すため、90年12月、当時の運輸省と11市でつくる「大阪国際空港騒音対策協議会」との間で結ばれた。機体制限や騒音規制、発着時間規制(午前7時〜午後9時)を盛り込んでいる。存続協定については、国土交通省航空局も15日、周辺首長らとの意見交換会の場で、存続協定に代わる「廃止協定」が基本的に必要との認識を示している。【稲垣淳、福田隆】

【関連ニュース】
伊丹空港:「中期的に廃港も」国交省戦略会議、論点整理で
ボンバルディア機:またトラブルで伊丹空港に引き返す
ボンバルディア機:伊丹空港でトラブル
伊丹空港:廃港も視野 国交省戦略会議が論点整理
伊丹空港:「廃港」議論、平行線 橋下・大阪府知事、賛成「3割」でも強気

エンダン文庫 母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気(毎日新聞)
首相自ら献金疑惑はらすべきだ、と谷垣氏(読売新聞)
里山の開発許可下りず損害、名古屋市を提訴(読売新聞)
凍結候補49路線に大幅減=直轄国道の個所付け−政府(時事通信)
USTR代表補と会談へ=郵政改革で−内閣府副大臣(時事通信)
[PR]
by iyf4sabzlo | 2010-02-22 08:32

電源コード ぐるぐる巻き危険! 内部で断線、突然発火も(産経新聞)

 冬場によく使う電気こたつや電気あんかで、内部の断線から電源コードが突然燃えだす火災が続いている。コードを製品本体にぐるぐる巻いて保管したり、家具の下に敷いたりといった何げない使い方で危険度が高まる上、布団などに燃え移り大きな被害が出ることも多いとして、経済産業省所管の独立行政法人、製品評価技術基盤機構は注意を呼び掛けている。

 同機構によると、コードに無理な引っ張りやねじれによる負荷が繰り返しかかると、見掛け上は大丈夫でも内部が断線しやすく、ショートして火花が出たり異常発熱したりするという。

 断線が原因の火災や事故は平成16〜20年度に計185件発生。17年には愛媛県で電気あんかのコードから発火し3人が死亡したほか、電気カーペットと電気毛布でも4件で死者が出ている。コードの断線は、こたつの足や家具で踏んだ場合や、あんかや毛布を使わない時に本体やリモコンに巻くといった保管方法から起こりやすいという。

 暖房器具以外でも、ヘアドライヤーで61件と多発しているほか、電気掃除機のコードをドアに挟んだ断線も多かった。

 被害を防ぐには、コードを緩やかな輪にして束ねたり、ねじれた状態を放置しないことが重要。同機構は「長年使っている製品は、変な折れや弱りがないか状態を確認してほしい」としている。

“筑波大教授”役も登場… 3千万円詐取容疑で自営業の男ら再逮捕(産経新聞)
3児死亡飲酒事故、被告と同乗者らを賠償提訴(読売新聞)
伊丹廃港決議案提案へ、大阪府議会の橋下支持派(読売新聞)
10年度改定「現場にはプラスにならない可能性」―東京歯科保険医協会(医療介護CBニュース)
圧倒された菅氏「冷静な与謝野氏の言葉とは思えない」(産経新聞)
[PR]
by iyf4sabzlo | 2010-02-20 17:44

「金なくなり自暴自棄に」=竪山容疑者を送検−千葉大生殺害放火(時事通信)

 千葉大生荻野友花里さん=当時(21)=殺害放火事件で、強盗殺人などの容疑で再逮捕された無職竪山辰美容疑者(48)=別の強盗事件などで起訴=が、千葉県警松戸署捜査本部の調べに「金がなくなって自暴自棄になり、強盗でもいいと思い、始めた」との趣旨の供述をしていることが19日、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は同日、同容疑者を送検した。
 捜査関係者によると、竪山容疑者は別の強盗事件で服役し、昨年9月に出所。この際、現金約30万円を所持していた。しかし飲食や宿泊で間もなく底を突いたという。
 また、荻野さん宅への侵入方法について「ドライバーでベランダの窓を割った」と供述。窓には外から割られた形跡があり、鍵が開けられていた。放火については「(現場に残された)自分の体毛などの証拠を隠滅しようと思った」と話しているという。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
男が飛びげり、60万円奪う=会社役員、頭などにけが
強盗殺人罪、女を追起訴=2人目殺害、詰めの捜査
「やっと逮捕、友花里に報告」=両親らコメント
路上強盗で猶予判決=裁判員「結論話し合って納得」

自転車で加害者に… 各種保険の「特約」で安心(産経新聞)
縄文杉への迂回ルート設置急ぐ=先月からがけ崩れで通行止め−屋久島(時事通信)
<鯨肉持ち出し>グリーンピース2被告、初公判で無罪主張(毎日新聞)
野口飛行士 宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録(毎日新聞)
【日本人とこころ】岩崎弥太郎と志(上)常に広い世界を意識(産経新聞)
[PR]
by iyf4sabzlo | 2010-02-19 17:41

岐阜の陸自基地に侵入図る?有刺鉄線切断(読売新聞)

 15日午後11時半頃、岐阜県各務原市那加の航空自衛隊岐阜基地から、基地の外周に設置されているフェンスの一部が切断されている、と各務原署に届け出があった。

 同署の発表によると、同9時45分頃、近くの陸上自衛隊岐阜分屯地で、フェンスの内側に張ってあるセンサーが異常を感知した。

 調べたところ、地上約1メートル65にあるセンサーワイヤ1本が切断されていたことがわかった。

 さらに約770メートル東の岐阜基地のフェンスの地上約40センチの部分に、約20センチ四方の穴が開けられ、有刺鉄線3本が切断されていた。同署は器物損壊容疑で調べているが、基地などに不審者の侵入は確認されていない。

イラン革命記念日を取材、毎日記者が一時拘束(読売新聞)
<紅白梅図屏風>「金泥でなく金箔使っていた」研究者が発表(毎日新聞)
神奈川いすゞ、車検でブレーキ整備せず「済み」に(読売新聞)
2010年度診療報酬改定のポイント(2)(医療介護CBニュース)
小1虐待死の継父、強盗容疑で近く再逮捕へ(読売新聞)
[PR]
by iyf4sabzlo | 2010-02-18 16:08

<アルコール>分解能力を調べるスピード検査法を開発(毎日新聞)

 兵庫県西宮市の武庫川女子大薬学部の木下健司教授(56)=ゲノム機能解析学=が、毛根やだ液を用いて従来より数倍早くアルコールなどの分解能力を調べる検査法を開発し、特許を申請した。体質的に酒に強いか弱いか、アルコール依存症や二日酔いなどになりやすい体質かどうかなどの判断が早くできる。血液からDNAを抽出するなどの手順が不要で、検査費用は従来の10分の1の約500円で済むという。

 アルコールや、その分解過程で生成されるアセトアルデヒドの分解が遅い人は依存症や二日酔いに注意が必要。こうした差は遺伝子のタイプに左右されるため、検査で遺伝子タイプを知ることで、予防につながる。

 木下教授は「費用の安さから普及が見込め、個人に合わせたオーダーメード治療の進展につながる」と期待している。【津久井達】

【関連ニュース】
フォーラム:アルコール・薬物依存症克服へ 都内で20日
フォーラム:アルコール・薬物問題を考える 東京・砂防会館で20日
なにわ人模様:大阪市断酒連合会会長・水谷守さん /大阪
フォーラム:依存症患者の家族支援を 西原理恵子さんら体験談−−千代田 /東京

国の防災指揮拠点、関西は大阪府庁のある「大手前」に(産経新聞)
近ツー元社員、詐欺罪で起訴=旅行積み立て装い7億円−大阪地検(時事通信)
フィリピン スラムに救援拠点…映画監督の四ノ宮浩さん(毎日新聞)
都内、沖縄で不動産取得=小沢氏、預貯金はゼロ−衆院資産公開(時事通信)
時効撤廃で最終調整=法制審、月内にも答申へ(時事通信)
[PR]
by iyf4sabzlo | 2010-02-17 17:02


バスガイドも厳しい時代になりました。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧