バスガイドの世界



主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)

 子供の性行為を描く漫画など「2次元児童ポルノ」規制のため、都が今定例議会に提出した青少年健全育成条例の改正案について、都は17日、緊急に見解を明らかにした。「キャラクターが幼く見える」といった主観的な理由は規制の対象にならないなどとしている。

 都によると、今回の措置は改正案反対を訴える電話やメールが殺到しているため。寄せられる意見の大半は、「恣意(しい)的運用を招く」など、条例案への誤解に基づくものだという。

 改正案をめぐっては、最大会派の民主などが継続審議を求める方向で調整しており、今定例会での成立が微妙な情勢となっている。

色×15の臨海オフィス 東京・臨海副都心に出現(産経新聞)
<不審物>新幹線基地で不審な液体 一時騒然も中身は…(毎日新聞)
楽天が東京高裁へ即時抗告 TBS株買い取り問題で(産経新聞)
<潮風号>今季もスタート 北九州・門司港(毎日新聞)
二葉百合子さん、引退へ(時事通信)
[PR]
by iyf4sabzlo | 2010-03-19 01:50
<< “泥棒目線”の防犯対策が重要 ... <民主、公明両党>急接近 選挙... >>


バスガイドも厳しい時代になりました。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧